洋服屋さん

アパレルショップ店員(洋服屋さん)のアルバイトとは、どんなお仕事をするのでしょうか?

おしゃれで可愛くてスタイルが良くて、憧れのショップ店員さん。そんなキラキラ輝くショップ店員のアルバイトは具体的にどんな仕事をするのか?気になりますよね。

これから洋服屋さんでアルバイトをしようと考えている方は、洋服屋さんのアルバイトで行う仕事内容入店前の注意点などについてお話ししますので、ぜひ参考にしてくださいね。

人気ブランドでお仕事探し

アパレル店員(洋服屋さん)のアルバイト・仕事内容とは?

接客

洋服屋さんのアルバイトでは、お客様の接客が一番の仕事になります。

サイズ展開や色展開。商品の入荷の時期、素材に使われている生地のの特性など、お客様に聞かれた質問に対し、情報を正確にお伝えすることが大事な仕事ですので、自分で調べるなり先輩や店長に聞くなりして、最低限の知識は頭に入れておきましょう。

これ以外にも、お客様に合った素敵なコーディネートを提案してあげることも大事な仕事です。

スカートを買う目的で来店されたお客様に、素敵なトータルコーディネートを提案してあげることで、気にいってもらえればセットで購入してもらえることも多々あります。ですので、+αで1点でも2点でも多く購入してもらえるように、コーディネートのセンスを磨くとともに、自然に提案出来るプレゼン能力も身に付けておきましょう!(たくさんのお客様と関わることで自然とこのスキルは身についてきます)

お店の売り上げアップ。そしてお客様にも喜んでいただける。このようにお互いwin winの関係が作れればショップ店員として最高です!
これは正社員であってもアルバイトであっても同じこと。アルバイトだからと言って適当な接客をしていれば、お店のブランドイメージを落とすことにもなりかねませんので、お店に立つ以上、例えアルバイトだとしてもプロである自覚を持って働きましょう。

アパレル店員(洋服屋さん)のアルバイトは裏作業も多い

洋服屋さんのアルバイトの仕事は、もちろん接客やレジ打ち等のお店での作業だけでなく、裏方に回る場合も多々あります

ブランドによっては、接客する人と裏で作業する人とが完全に分かれている場合もありますが、多くは裏の作業も店頭での接客も皆が分担して行う場合がほとんどかと思います。

特に入ったばかりのアルバイトの場合、店頭での接客よりも裏の作業の方が仕事の比重も多いかもしれません。店頭での接客はより接客スキルの高い社員さんなどが担当した方が、売り上げアップが期待できますし、裏の作業は特に経験がなくても、一度やり方を覚えれば誰でも出来る作業であるからです。

とは言え、商品の管理も洋服屋さんの大事な仕事!裏でお客様や他のスタッフの目がないにしても、丁寧な作業を心掛けましょう。

ちなみに、裏の作業とはどういうものがあるのか?と言いますと、倉庫から届いた商品を検品して(伝票の数字と実際に送られてきた商品の数を確認する作業)、お店のストックルームに整理しながら陳列する作業が主になります。

新商品や在庫が不足した商品が定期的に倉庫から送られてくるので、それを店頭に並べたり、ストックに移動したりと言ったもので、商品の事を知る良い機会にもなります。新作の入荷や色展開、在庫数などを把握できる良いチャンスと思って、裏作業もしっかり身を入れて行いましょう。

洋服屋さんのアルバイトは他にも沢山の仕事がある

洋服屋さんのアルバイトには他にも様々な仕事があります
オープン前の掃除や閉店後の掃除は、やはり洋服からはほこりがたくさん出るので結構大変だったりします。ですが、いつもきれいにしておく事はブランドイメージを保つのにも大切な仕事になりますから、掃除もしっかり行う必要があります。

他にも、声出しはもちろん、アルバイトとは言え、レジ打ちなども徐々に任せられるでしょう。華やかなイメージとは違って実際に洋服屋さんで働いてみると大変なことも多いですし、地味な作業も多いですが、やはりそれだけやりがいのある素晴らしいお仕事です。是非実際に働いてみてその素晴らしさを味わってみてくださいね!

人気ブランドでお仕事探し