ノルマ

将来アパレルショップ店員になりたい!と言う夢を持った方にとって、販売ノルマがあるかどうかはとても気になる部分ですよね?
もし、ノルマがあるとすれば・・それを達成しなければいけない!と言うプレッシャーがかかりますし、そんなプレッシャーの中で働くのは大変なストレスがかかると思いますから、できればノルマのないお店で働きたいと思うのが当然の考えかと思います。

実際に、アパレルショップ店員になる前の私にとっても、この点はとても気になっていた部分でもありました。

でも実際に働いてみたら、私は2つのブランドで働いた経験がありますが、どちらのお店でもノルマを課せられる事はありませんでした。

当時、周りのブランドで働く友人にも何人かに聞いてみたことがありますが、どのブランドでもノルマはないと言うことでしたので、おそらくですが、アパレル販売員の仕事でノルマがあるお店の方がもしかしたら珍しいのかも知れませんね。

人気ブランドでお仕事探し

ノルマがあるお店も中にはある

とは言え、これは絶対と言うわけではありません。もしかするとその会社さんブランドによってはノルマがある場所もあるかもしれません。噂では聞いたことがあるので、実際には存在しているのでしょう。
これを知らずに働いてしまって、後からその件で悩むなんてことになったら最悪です。ですので、そんなことにならないためにも、ノルマの有る無しに関しては、応募を検討している段階でブランド側に質問してみることをお勧めします。(電話すれば教えてくれるはずですよ)

ノルマはないが個人売りはある。これが結構プレッシャー

ただしノルマはありませんでしたが、個人売り上げと言うものは、私の働いたどのブランドでもありました。
個人売り上げと言うのはその名の通り、自分が接客して商品がいくら売れたか?その合計売り上げのことをいいます。

たくさん売り上げていればやはり上司からの評価が高くなりますし、これがお給料に反映される場合もありますから、皆頑張って個人売りを上げようとがんばります。
いくら以上を売らなければいけない。いくら以上売らななければ減給になると言うようなノルマはありませんが・・個人売りがプレッシャーになる場合もあるかと思いますので、この点も一応応募の際に聞いてみると良いかと思います。

とは言え、普通に考えて、一生懸命接客して沢山売り上げを上げている人と、逆にさぼってばかりで売り上げ0の人がいたとして、同じ評価・同じ給料だったら前者としては納得いかないですよね・・。それを計る為に個人売りはあります。頑張れば評価されますから、前向きに捉えていただきたいですね。

dietkouza-bana_01